英文読解、英文構成、英会話

誰も教えてくれなかった英文読解、英文構成、英会話を能率的に学ぶコツ >>◆ http://www.ahmcanada.com
◆◆ ----->>> サイトマップ
英語学習

慣用語(1)... 英文読解、構成、英会話

◆--->> メインコンテンツ ... 一覧

◆--->> 補助コンテンツ ... 一覧

慣用語 (1)

get と got について

日本語の時制のあいまいさにより翻訳が難しくなる例に get と got があります。

日本語で『失恋する』『首の骨を折る』『足がはれる』などと言えば、たいていの場合 そうなってしまった状態を表現します。

英語では、主語がそうしているのか、そうなった状態なのか、将来そうなるのか、を ハッキリ区別して表現します。

英語ではそうなった状態を正確な時制で表します。

日本語で用いる現在形

  • 『失恋する』
  • 『首の骨を折る』
  • 『足がはれる』など

を正確な時制を用いて表現すると

  • 『失恋をした』
  • 『首の骨を折った』
  • 『足がはれた』状態であり

実際にはすでにそうなっている出来事です。

過去形 got を使って表します。

  • got a broken heart (失恋した)
  • got a broken neck (首の骨が折れた)
  • got a swollen leg (足がはれた)

上記のような表現に現在形の get を用いるとすれば、 英語を母語とするヒトには
想像の域を出ない表現で未来の出来事となり will, might (未来を表す) で補助します。

文脈とか発言者の意図により

  • will get 『そうなるだろう』とか
  • might get 『そうなるかもしれない』

となります。

英語の現在形 get は一般に 主語の意思で手に入れると言う意味が追加されます。

日本語の『〜する』と言う表現に無理に get を用いるとすれば
自分から進んでわざと

  • get a broken heart (失恋した)
  • get a broken neck (首の骨を折った)
  • get a swollen leg (はれた足を手に入れた ???)

のように聞こえます。 (????)

また、get を 用いて did (過去を表す) で補助すれば強調の意味が加わります。

  • He did get a broken heart. ... 失恋したんだ、本当だよ。
    did で補助します。
  • I did get it. もちろん手に入れたよ。
  • あるいは、 I got it.
  • I will get it right now. ... すぐ、とってくるよ。
    まだ手にしていないので will (未来を表す) が必要です。

この表現はカナダ人の間でも勘違いしやすいらしく
will get か got かハッキリしてくれよ。とよく言っています。

◆--->> メインコンテンツ ... 一覧

◆--->> 補助コンテンツ ... 一覧

お問い合わせ

ご意見、ご質問、ご感想をお寄せください。------->> お問い合わせ

いただいたメールはニックネームや イニシャルでご紹介させていただくことがあります。

作成、管理 ..... しこう

発行元 ... AHM-Canada

Copyright (C) 2005-2011, AHM-Canada. All Rights Reserved.