英文読解、英文構成、英会話

誰も教えてくれなかった英文読解、英文構成、英会話を能率的に学ぶコツ >>◆ http://www.ahmcanada.com
◆◆ ----->>> サイトマップ
英語学習

格助詞 (2) ... 英語と日本語

語順に含まれている格助詞

英文の語順は

〜(は、が)〜する(〜を、〜に)

主語(は、が) ... 動詞(...する) ... 説明語(...を、...に)

になっていてこの基本はよほどのことがない限り変わりません。

I gave you this. を日本語にすると 私はあなたにこれをあげました。

You gave me this. を日本語にすると あなたはわたしにこれをくれました。

上記の例文では
gave は主語を
I にするか "You" にするかにより

日本語に翻訳すると動詞 give
(あげた、くれた) という正反対の意味になります。

第三者をもってくると
(あげた、くれてやった)となります。

そこで英語の give gave
日本語の、あげた、の反語、 くれた、と同じような意味の英語を
 OXFORD CANADIAN で探しましたが見つかりません。

receive ではと考えましたが、しっくりしません。

やはり英語の give, gave, は(主語の意思を表し)
主語を I にするか、You にするかよって、日本語の(あげた、くれた)
でなければならないのだナアと痛感しています。

日本語で悪く取ると(お前が勝手にくれたものだ)となり
主語を誰、なに、にするか,文脈はどうなっているのか、など
によって日本語の表現が変わってきます。

  • I (わたしは、が) gave (あげた)
  • I (わたしは、が) gave (あげた) you(あなたに) this(これを)
  • You(あなたは、が) gave(くれた、)
  • You(あなたは、が) gave(くれた) me(わたしに) this(これを)
  • You (あなたは、が) gave(あげた、くれてやった)
  • You (あなたは、が) gave(あげた、くれてやった) him(かれに) that(あれを)

あげる、くれる、( give, gave,) の反語として存在する英語は
とる、とった (take, took) です。

give, gave, take, took, は、主語の意思、意図を表しています。

この主語というのはあくまでも行動とか存在状況などの主です。
教育英語で定義されている無生物主語もあり
人とかものだけではありません。

単語だけでなく成句、慣用語句などが文脈上で占める位置についてもこのよう になります。

英語の単語は
英語を母語とするヒトの発想が日本人の発想とズレがあるため

  • 動作の主を誰、何にするか、
  • 単語や句の組み合わせ、
  • 単語や句が文の上での占める位置、
  • 文脈など

により日本語での翻訳表現が異なってきます。

文のしくみ

英語と日本語を 比較しながら英語のしくみを論理的に日本語で理解する

ようこそ

英語と日本語

文のしくみ

品詞と機能

お問い合わせ

ご意見、ご質問、ご感想をお寄せください。------->> お問い合わせ

いただいたメールはニックネームや イニシャルでご紹介させていただくことがあります。

作成、管理 ..... しこう

発行元 ... AHM-Canada

Copyright (C) 2005-2009, AHM-Canada. All Rights Reserved.